先輩紹介
member

新たなビジネスを生み出す、
一大プロジェクトを成功に導く

「田中 祥恵」
カードシステム事業

2013年 中途入社

profile

文学部専攻。就職活動中に金融業界、中でもカード事業に興味を持ち、コンサルティングからシステム開発まで行っているカード会社に就職。その後、当初は想定していなかったシステムエンジニア業務に携わり、システムエンジニアとしてステップアップするために当社を志望。

システムエンジニアとして高みを目指したいという気持ち

初めて就職したカード会社でのこと。その会社では、システム開発を行っていることは知っていましたが、まさか文系の私がシステムエンジニアになるとは想像もしていませんでした。しかし、プリペイドカードのパッケージソフトウェア開発などエンジニア経験を重ねるうちに、気づいたら「もっと多くの会員を取り扱うシステムに携わりたい」「他社はどのように開発しているのか知りたい」という想いが強くなってきました。そして、いよいよ気持ちが高まりシステムエンジニアとしてステップアップするために転職を決意。
ご縁にも恵まれ、今思えば運命的な転職だったと思います。

前職での経験を活かし、新規ビジネスの立ち上げに参画

入社して1年程経った頃、当社がASP(※)としてプリペイドカード事業を立ち上げることを知りました。「前職での経験が活かせる!」と、自ら手を挙げ、立ち上げメンバー6 名の内の1 人に抜擢されました。「そもそも、どのように作っていくのか?」という企画段階からのスタート。ベースとなるソフトウェアをゼロから構築するは大変なので、既存のパッケージソフトウェアを導入することになりました。…そして、 なんと前職で私が構築していたパッケージソフトウェアが選ばれたのです。プリペイドカード業界のことも、導入するパッケージソフトウェアのことも分かっている私は、リーダー業務未経験にも関わらず開発リーダーを任されることになりました。
開発ピーク時には60 人を超える規模、リリースまでには1年もない短期プロジェクト。ミスを予測してフォローし、常に一歩先を見据えた業務が求められます。当然一人で開発をしているわけではないので、知識レベルの異なるメンバーをまとめながら、どのような体制で進めていくのか、社員一丸となってプロジェクトの運営に取り組みました。しかし、どんなに緻密に計画を立てても、想定通りに進まないことは起こります。トラブルも発生し嵐のような1年間でした。けれど、その分無事にリリースできた時の感動はひとしおでした。
この時、開発プロセスは同じであっても、会社が変われば進め方は大きく異なることも実感しました。前職では、ノウハウが人に担保されていました。しかし、当社はきちんとドキュメント管理されているので、情報共有のスピードも早く最短距離でクオリティの高いものを創ることができます。こうしたきめ細やかな開発体制は当社の文化なのだと感じています。クオリティを高めるノウハウを習得しつつ、メンバーの成長も促していけるリーダーになりたいということが今の私の目標です。

※ASP…ソフトウェアをインターネットなど通じて利用者に遠隔から利用させる事業者のこと。

当社へ興味を持ってくれた方への
メッセージ

当社はエンジニアでも女性比率が高い会社です。それはライフイベントにあわせて働ける制度が、ちゃんと活用されている証拠。子育てをしながら活躍している先輩が多いので、結婚しても安心して勤めることができています。

member

crosstalk