ここから本文です

沿革

1970年 9月

西武流通グループ(当時)の情報処理機能の統合と新しい情報サービス業の創造を目的として資本金5千万円をもって、東京都に(株)西武情報センターを設立。情報処理サービス事業、ソフトウェア開発事業を開始。

1973年 7月

大阪事業所(現関西事業所)を開設し、関西地域における情報処理サービス事業を開始。

1975年 10月

情報化促進貢献企業として通商産業省(現経済産業省)より表彰。

1981年 3月

信販業務システムを中心とする情報サービス拡大強化のため、(株)緑屋計算センターを吸収合併。

1983年 4月

顧客のOA化ニーズ拡大に伴い、システム・機器販売事業を開始。

1992年 4月

(株)セゾン情報システムズに商号変更。

1993年 1月

通信ミドルウェア「HULFT」販売開始。現在のパッケージ販売事業の源となる。

11月

当社株式を店頭売買有価証券として日本証券業協会に登録。(現在は、東京証券取引所JASDAQスタンダード市場に上場。)

1995年 3月

特定システムオペレーション企業として通商産業省(現経済産業省)から認定。

10月

東京都から電気通信工事業、電気工事業の許可取得。

1997年 3月

受託ソフトウェア開発においてISO9001を認証取得(開発部、他2部門)。以後、認証範囲を拡大。

1998年 3月

メール運用サービス会社、(株)三協サービスを取得。

4月

給与業務アウトソーシングサービス「Bulas」提供開始。

1999年 4月

情報処理オペレーションサービス会社、(株)ファシリティエキスパートサービスズ(現(株)フェス)を設立。

12月

(財)日本情報処理開発協会からプライバシーマーク付与認定を取得。

2000年 4月

名古屋事業所および九州営業所(現九州サテライトオフィス)を開設。

2001年 1月

(株)三協サービスを流通業界に特化した(株)流通情報ソリューションズに商号・事業目的変更。

4月

分散システム向異常監視ソフトウェア「SIGNAlert」販売開始。

2002年 2月

(株)インテリジェントウェイブと資本提携を含めた業務提携を締結。

2003年 3月

(財)日本品質保証機構から情報セキュリティ管理の認証基準ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)適合性評価制度の認証をシステムセンター(現システムサービスセンター)において取得。

2005年 4月

流通システム事業の経営資源の集中、強化のため、(株)流通情報ソリューションズを吸収合併。

4月

労働者派遣業を行う、(株)HRプロデュースを設立。

11月

中国における生産拠点として、世存信息技術(上海)有限公司を設立。

2006年 7月

携帯電話給与明細照会サービス「Bulas Payslip Mobile」提供開始。

11月

ハブ・アンド・スポーク型データ連携ミドルウェア「HULFT-HUB」販売開始。

2007年 3月

小売チェーン向け統合ソリューション「STORES」提供開始。

10月

企業間電子商取引と企業内データ連携を一元管理する「HDC-EDI Suite」販売開始。

2009年 1月

(株)ユニックスと資本提携を含めた業務提携を締結。

2010年 4月

クラウド型ホスティングサービス「SAISOS」提供開始。

7月

セキュアデータ連携ミドルウェア「HULFTクラウド(現 HULFT-WebFileTransfer)」提供開始。

10月

新潟BPOセンターを開設。

12月

SaaS型データ連携サービス「HULFTクラウドサービス」提供開始。

2011年 4月

小売業向けギフトソリューション「GIFTクラウドサービス」を提供開始。

7月

中国現地ニーズを取り込んだ中国版の通信ミドルウェア「HULFT」の「海度(ハイドゥ)」を提供開始。

8月

新発想のデータ連携基盤製品「iDIVO」を提供開始。

2013年 3月

データ連携ソリューション強化のため、(株)アプレッソの株式を取得し子会社化。

2015年 2月

ASEAN地域への本格展開を主な目的としたグローバル拠点として、シンガポールにHULFT Pte. Ltd.を設立。

2016年 2月

BPO事業の(株)BBSアウトソーシングサービスを設立し、同社株式100%を(株)ビジネスブレイン太田昭和へ譲渡。

4月

北米地域への本格展開を主な目的としたグローバル拠点として、北米カリフォルニア州にHULFT,Inc.を設立。


ページの先頭へ戻る

ここからフッター情報です

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります