ここから本文です

ハードウェア延長保守サービス

概要

システム基盤を延命する「つなぎ保守」により、柔軟なシステムライフサイクル管理を実現。
EOSL(メーカ保守終了)が到来し、メーカによる保守を受けられなくなってしまったハードウェアを、メーカに代わり延長して保守するサービスです。
本サービスの活用により、ハードウェアのライフサイクルに縛られない、柔軟なシステムライフサイクル管理が可能となります。

特長

特長1保守期限の到来したハードウェアを延命

  • EOSL(メーカ保守終了)の到来したハードウェアを延長して保守します。
    そのため、ハードウェアのEOSLに縛られないシステムライフサイクルの管理が可能となり、余分なIT投資の抑制や、保守切れのリスクを回避することができます。

特長2マルチプラットホーム・マルチデバイスに対応

  • AIX、HP-UX、Solaris、IAなどのマルチプラットホーム、及びサーバ機器、ネットワーク機器、PC、プリンタなどのマルチデバイスに対応しています。
    そのため、保守窓口の一本化により管理コストの節減を図ることができます。

ケーススタディ

システム統合までの残り2年間・・・

システム統合までの残り2年間現行のシステム基盤を利用したかったが、サーバ機器のメーカ保守終了。2年間のために、高価な新しいサーバ機器を購入するか、保守切れのサーバーの運用を継続するしかない???

ソフトウェアの新バージョンにあわせてシステム更改したいが・・・

ソフトウェアの新バージョンリリースにあわせてシステムのリプレイスを実施したかったが、ハードウェアの保守終了が先。ソフトウェアの新バージョンリリースを待たずにリプレイスするしかない???

延長保守サービスは、メーカー保守終了後も保守を延長できるため、

  • 短期間だけ利用するサーバ機器を導入するといった無駄なIT投資を抑制。
  • 保守切れでシステムを運用する必要が無くなり、ハードウェア障害によるシステム停止のリスクを回避。
  • ソフトウェアの新バージョンリリースに合わせられるといった柔軟なシステムリプレイス計画を実現。

といった価値をお客様に提供します。

お問い合わせ

センターマネジメントサービスに関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ・資料請求はこちら
株式会社 セゾン情報システムズ
〒170-6047 東京都豊島区東池袋3-1-1サンシャイン60 47F
TEL:03-3988-1332
受付時間 9:15〜17:45(土日、祝祭日、及び12/30〜1/3除く)

ページの先頭へ戻る

ここからフッター情報です

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります