ここから本文です

ケーススタディ

債権回収会社のケース

「サービサー(債権回収会社)向け債権回収システム」導入前

  • 滞納者に関する情報が一括管理されておらず、効率的な回収業務が行なえなかった。
  • 滞納者の個々の状況が把握できず、適切な債権回収計画を立てることができなかった。

「サービサー(債権回収会社)向け債権回収システム」導入後

  • 事務作業の効率化によりコストが削減できた。
  • 適切な顧客アプローチにより、回収率が向上した。
  • 正確な実績値取得により、ユーザの任意分析およびクライアント様向け報告の精度が向上した。

クレジットカード発行会社のケース

「クレジットカード初期審査システム」導入前

  • 入会受付審査業務の過程で発生するドキュメントの一括管理がされていなかった。
  • 申込受付を紙ベースで行なっていたため、事務コストがかかっていた。
  • 貸金業法改正にともなう事務プロセスの変更に時間やコストがかかっていた。

「クレジットカード初期審査システム」導入後

  • 申込受付をシステムで自動化したことで、カード発行までの期間を短縮し、事務コストも削減することができた。
  • 貸金業法改正にともなう事務プロセスの変更に、柔軟に対応できるようになった。

ページの先頭へ戻る

ここからフッター情報です

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります