ここから本文です

ケーススタディ

スーパーマーケットのケース

「STORES MD」導入前

  • カンに頼って発注業務を行なっていたため、売り場では商品の売れ残りが目立っていた。
  • 新商品のマスタ登録や棚割の作成などに時間を割かれて、効果的な商談ができないでいた。
  • 商品管理の現場において、起票や入力作業の負担が大きく、入力ミスなども発生していた。

「STORES MD」導入後

  • 発注端末を使って、売場で発注履歴やPOS実績を参照できるようになった。
  • 新商品のマスタ登録を、取引先からの電子データの取り込みにより行えるようになった。
  • 発注と同時に伝票が作成されるので、原価間違いがなくなった。
  • 戦略に対する効果が数値でわかるようになった。

「STORES MD」の詳細はこちら

中小小売業のケース

「STORES EDI」導入前

  • 取引先ごとに発注書のフォーマットがばらばらで経理処理に時間がかかっていた。
  • 取引先ごとに通信環境が異なっていたため、すべての取引先に対応するEDI環境が作れないでいた。

「STORES EDI」導入後

  • 発注書や納品書が電子化され、経理処理が効率化された。
  • マルチプロトコル変換に対応したEDI環境のため、すべての取引先とのデータ交換が可能になった。
  • 次世代の標準規格にも対応したEDI環境が実現した。

「STORES EDI」の詳細はこちら

「STORES EDI」の事例はこちら


ページの先頭へ戻る

ここからフッター情報です

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります