ここから本文です

Connector for Concur & DataBridge
Concur(コンカー)データ連携ソフトウェア

出張・経費精算システム「Concur(コンカー)」とお客様システムを連携(コネクター フォー コンカー & データブリッジ)

概要

Connector for Concur & DataBridgeとは?

「Connector for Concur & DataBridge(コネクター フォー コンカー & データブリッジ)」は、コンカー社認定パートナーのセゾン情報システムズが提供する出張・経費管理クラウドサービス「Concur(コンカー)」の導入、利用に必要となる基幹システムとのデータ連携(※)をスピーディに、且つ、簡単に実現できるデータ連携ミドルウェアです。

※「Concur」導入時に連携するデータ例
●経 費データ:会計システムに連携する仕訳データ、振込(FB)データ
●マスタデータ:人事システムやグループウェアからの従業員情報、PJコードなどのセグメント情報

概要

企業内に散在する情報に直接アクセスし、
Concur(コンカー)の導入・維持を効率化します

特長

「Connector for Concur & DataBridge(コネクター フォー コンカー & データブリッジ)」には、以下のような特長があります。

特長1可視化されたフロー設計

  • Concur(コンカー)とのデータ連携に必須となる「システム接続」、「データインプット・抽出」、「変換・加工」、「データアウトプット・登録」といった一連の処理フローをGUI上で設計できます。

特長2スクラッチ開発が不要に!

  • 経費精算システムと基幹システム間のデータ連携のプログラムによる膨大なスクラッチ開発は必要ありません。
  • ノンプラグラミングでConcur(コンカー)とのデータ連携を最速で実現し、導入・開発コストの大幅な削減に貢献します。

特長3処理スクリプトの標準装備

  • ファイル送受信に必要な処理フローや経費データから直接振込(FB)データを作成します。
  • 処理スクリプトをテンプレートとして標準装備しているため、導入リードタイムを大幅削減します。
特長

メリット

Concur(コンカー)導入・運用時に発生する課題を
「Connector for Concur & DataBridge」導入で解決します!

既存システムとの接続設計や抽出データ定義に、時間とコストがかかりすぎる・・・
データの関連付けから変換・加工をGUIベースでお客様が簡単に組み立てできるから、コストと導入期間を大幅に圧縮します。
データ連携を、エクセルなどを用いた運用だとヒューマンエラーが避けられず、管理者の負担が大きい・・・
データ連携の流れが一目瞭然!メンテナンスコストの削減と同時にヒューマンエラーを撲滅し、運用負担を軽減します。

お問い合わせ

お客様のデータベースとの接続に特化したデータ連携ミドルウェア
「Connector for Concur & DataBridge(コネクター フォー コンカー & データブリッジ)」に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ・資料請求はこちら
株式会社 セゾン情報システムズ
流通・ITソリューション事業部
〒170-6039 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 39F
TEL:03-3988-2767
受付時間 9:15〜17:45(土日、祝祭日、及び12/30〜1/3除く)

ページの先頭へ戻る

ここからフッター情報です

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります