ここから本文です

ご挨拶

代表取締役社長 内田和弘

代表取締役社長
内田 和弘

平素は格別のご高配を賜り、有難く厚くお礼申しあげます。

 昨年はコロナ禍で創業50周年を迎えました。コロナ禍において、自分たちは何者なのか?エッセンシャルワーカーを擁する、グローバルで約10,000万社を超える企業のシステムに関わる責務ある会社として、当社が携わるシステムは世の中にとってどのように役立つのか、仕事の意味や価値を改めて考える貴重な一年でした。

 当社は、今年度から創業100年となる2070年を見据え、グローバルで存在意義・価値ある事業会社創りを本格的にスタートします。

 様々なデータ、ファイル、サービスを繋ぐ安全・安心・柔軟な連携基盤サービスの提供により異分野連携を加速させ、AI等先端技術を駆使しデータを俊敏にビジネス意思決定に繋げるサービスを提供する「データエンジニアリングカンパニー」が目指す姿です。今年度、当社の強みであるファイル連携・データ連携ソリューションを活かした、グローバルで利用可能な全く新しい連携サービスプラットフォームを提供する予定です。

 この新たなプラットフォームは、国や地域を超えて様々な人やモノ、企業と企業がデータを通じて繋がることで、新たな価値の発見や、創造出来る可能性が広がります。当社の強みである「つなぐ」というビジネスを更に拡大させる場として、提供したいと考えております。

今後ともなお一層のご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

2021年4月


ページの先頭へ戻る

ここからフッター情報です

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります