ここから本文です

配当方針

当社は、ビジョン「カテゴリートップの具現!」のもと、データエンジニアリングカンパニーとして良質なサービスを生産性高く提供する、収益性の高い企業となることを目指しており、中期経営目標においては、企業価値の最大化を実現するため、ROE20%の達成と維持を掲げております。さらに、最適資本構成に基づくバランスシートマネジメントを意識して経営を実行するため、自己資本比率、TSR(株主総利回り)を経営指標に設定し、配当方針を以下のとおり定めております。

@ DOE(自己資本配当率)10%を目安とする
A 自己資本比率50%〜75%を維持し、最適資本構成を目指す
B 通期見通しの約1/2を中間配当額とする

この配当方針により、DOEが10%の場合、仮に資本コストが8%であっても配当が資本コストを上回る株主還元を実現し、目標自己資本比率を維持することによって、資本効率と財務安全性を両立することができると考えております。


ページの先頭へ戻る

ここからフッター情報です

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります